肘頭疲労骨折

投球障害の中で、肘に障害を起こすものとして、一般には野球肘と呼ばれて、使い過ぎによる肘の障害がよく知られています。

使い過ぎという意味では、肘の疲労骨折も発生頻度は少ないのですが、存在しています。

肘関節のところで起こる疲労骨折には、このページでご紹介する「肘頭疲労骨折」があります。

どういう病態のものなのか、以下でご紹介していきたいと思います。

肘頭とは、下の図の赤い丸で囲んだ部分です。

尺骨のちょうど先端部分になります。

上の図は肘頭疲労骨折の骨折線の入り方です。

横から見た図では、肘関節の関節面側から骨折線が入ります。

また、肘を後ろから見た図では、肘頭の内側から外側にかけて骨折線が斜めに入ります。

肘頭疲労骨折の発生メカニズム

投球時に肘にかかるストレス

上の写真は、ボールを投げる際の加速期と呼ばれる時期の肘の動きを示しています。

今まさに、ボールを投げようとして、勢いをつけて肘が前に出てくるときに、
肘関節の内側には外反ストレスがかかり、関節の内側が開こうとする力がかかります(赤色矢印の力)。

投球障害の多くは、このようなストレスによって内側の靭帯に障害が起こります。

肘頭疲労骨折も、このようなストレスによって生じると考えられています。

上の写真は、外反ストレスがかかり続け、不安定となった肘関節のモデルです。

不安定な肘関節に、さらに外反ストレスがかかると(①)、関節の内側が開くようなストレスがかかります(②)。

本来は、肘頭は上腕骨の肘頭窩に収まっているのですが、不安定な肘関節においては、肘頭と肘頭窩がぶつかりあうようになってしまいます(③)。

この状況①②③が継続的に繰り返されると、ぶつかっている所を支点としてひび割れるように骨折線が入っていきます(④)。

結果として、肘頭疲労骨折が起こるのです。

肘頭疲労骨折に似た肘頭の障害

上のレントゲン写真は、肘頭で生じた投球障害ですが、
患側と健側のレントゲンを比較するとわかるように、骨端線と呼ばれる軟骨の幅が開いて写っています。

このような状態を「肘頭骨端線離開」と言います。

また、この離開が長期にわたると、「肘頭骨端線閉鎖不全」という疾患に至ります。

この疾患は、上の図にあるように、肘関節に外反ストレスが加わるほかに、
上腕三頭筋の牽引力によって、骨端線が開く方向に作用して、発生します。

肘頭骨端線離開も、広い意味では、肘頭疲労骨折の一つとしてとらえられる場合もあります。

しかし、レントゲンでの写り方は違います。

では、以下で実際の患者さんについてご覧いただきたいと思います。

〜症例〜

11歳男性。右肘の痛みを訴えて来院されました。

軟式野球チームに所属していて、投球時に右肘の指でさしている所が痛いという事でした。

外観から見て、肘関節の腫れはほとんど見られず、関節の可動域制限もありませんでした。 

ボールを投げた後のフォロースルー時に痛みがあるそうです。

正面から レントゲンを撮って左右の肘を比べてみると、特に違いはありませんでした。

この角度からの画像からは、異常と思われる所見はありませんでした。

側面から、レントゲンを撮ってみると、患側である右肘に骨硬化像が見られました。
赤色矢印の先で示した部分) 

本来ならば、年齢的に骨端線が残っていることが多いので、骨端線離開を一旦疑いましたが、実際のレントゲンでは、骨端線は閉鎖していました。

そういうわけで、今度は、肘頭の疲労骨折を疑い、MRI撮影を行うことにしました。

MRI撮影の結果、レントゲンで骨硬化していた同じ個所に、疲労骨折を疑う輝度変化が認められました。
赤色矢印の先で示した部分)

痛みの訴えや、レントゲンやMRの画像の結果から、肘頭の疲労骨折と考え、投球中止を指示しました。

休養と同時に、当院で行っている投球指導教室にも通っていただき、投球フォームの見直しを行いました。

現在は、問題なく野球の練習にもどっておられます。  

投球障害のなかでも、肘頭疲労骨折は発生頻度が少ないのですが、
こういう疾患もあるのだということを念頭に置いて、
長引く肘の後ろの痛みについて診ていかねばならないと思います。

野球をしていて、肘の後ろが痛い時には、
早い目に整形外科を受診されることをお勧めいたします。

早期発見が、早期治療につながり、早期のスポーツ復帰につながります。