歩くと脚がしびれて痛い!!(末梢動脈閉塞症:PAD)

脚がしびれたり、痛みをともなって歩くことが辛くなる疾患には、坐骨神経痛や腰部脊柱管狭窄症などの腰椎由来の疾患の他に、下肢の血管が原因となる場合もあります。その代表疾患に、末梢動脈閉塞症(以下PAD)(Peripheral arterial disease:PAD)があげられます。

このページでは、脚がしびれるという愁訴で来院される患者さんのために、他の疾患と比較しながら末梢動脈閉塞症についてご説明させていただきたいと思います。

PADの症状

上の図は、PADで痛みが生じる部位を示したものです。PAD患者さんの訴えとして腓腹部に脚のつったような感じがあり、これがある一定の距離を歩いた時に出現します。そして、休息することにより症状が消失することが特徴です。この症状を“間欠性跛行”と呼びます。PADにおいては、この間欠性跛行が初発症状の70〜85%を占めているといわれます。

間欠性跛行には2種類あります

間欠性跛行には、その成因から神経性と血管性に分類されています。

上の図にあるように、歩き始めてしばらくすると足の痛みやしびれ感が出てしまった時、前屈みになると症状が楽になってしまうのは、神経性の間欠性跛行です。

その代表的疾患が、腰部脊柱管狭窄症です。

では、神経性と血管性の間欠性跛行の病態の違いはどこにあるのでしょうか。

上の左図は、腰部脊柱管狭窄症の病態です。上記のように脊柱管周囲の靭帯や椎間板、骨棘などにより機械的圧迫を受けた神経の栄養血管が虚血状態に陥り下肢の痛みが出現することになります。

一方で、右図のように血管性の間欠性跛行では、根本に動脈硬化による血管の閉塞があります。安静時では、血流が正常であったとしても、歩くという運動負荷が加わることにより、十分な酸素が筋肉に行き渡らなくなるため痛みを生じるのが血管性の間欠性跛行の病態です。

ですので、姿勢による症状の軽減は認めません。

以下で、神経性と血管性の間欠性跛行の違いを表に示します。

PADの診断

・下肢症状の発現部位

上の左図は、血管性の間欠性跛行において発生する疼痛部位を示したものです。閉塞部位にもよりますが、主に片側性で腓腹筋部に限局する疼痛が発生することが比較的多いとされています。

・下肢動脈の拍動を確認できる部位

上の図に示した、下肢の動脈は拍動を確認することで血流が正常か否かの鑑別に有用です。

なかでも、後脛骨動脈の拍動が重要です。

以下に、各動脈の拍動を確認する方法を示します。

・客観的評価

ABIによるスクリーニング検査

上の写真は、ABI検査を行っている場面です。

ABIは足関節部収縮期圧を上腕動脈収縮期圧で割った値をみています。

得られた数値は、足関節血圧比と呼ばれ正常では、上腕よりも足関節血圧のほうが若干高いためABIは1.0よりやや高値となります。逆に0.9以下ではPADが疑われます。

以下で、ABIを用いた評価基準を示します。