アキレス腱断裂

バレーボールをしていてよくおこるケガのひとつにアキレス腱断裂があります。

バレーボールのジャンプの着地時に急激な足首への負担がかかると
ブチッという音がして、足を後ろから叩かれたような衝撃を感じます。

下の図のように、アキレスけんが断裂すると腱の緊張がなくなるので、
皮膚の上から触れるとへこんでいることがわかります。

ここでは、アキレス腱断裂が起こった場合
どのようになっているのかを見ていただきたいと思います。
アキレス腱断裂の診断の様子を下のビデオ画面で御覧いただけます。

このビデオは「トンプソン・テスト」という手技での断裂確認方法です。

また、当院ではエコー検査を行いアキレス腱の状態を確認します。

エコーの画像は、次のページで御覧いただけます。
下の動画は、アキレス腱断裂をしている足と、していない足、それぞれにトンプソンテストを行い、違いを見ています。

トンプソン・テストとは?

アキレス腱が断裂しているかどうかを確認するテストです。

うつぶせになった状態で、ふくらはぎのところをつまんで、足首が動くかどうかを確認する手技です。

アキレス腱が断裂していれば、ふくらはぎをつまんでも足首はびくとも動きません。

アキレス腱がふくらはぎにつながっていれば、ふくらはぎをつまむと、自動的に足首が動きます。

アキレス腱断裂の治療後、スポーツ復帰までのリハビリに関しては、また別のページで見ていただきたいと思います。