腰椎椎間板ヘルニアの運動療法

腰椎椎間板ヘルニア対しての運動療法は効果があるの?

腰椎椎間板ヘルニアは、脱出したヘルニア塊が吸収されることによつて自然に治っていくことが期待できます。しかし、椎間板の自然退縮を促す保存療法は現時点では明らかにされていません。そこで腰椎間板ヘルニアに対する運動療法の考え方は、椎間板の内圧が上がりにくい動作を得ることを目的にします。そうすることで、症状が悪化することを避けることができるようになります。このページでは、段階を踏んで腰椎椎間板ヘルニアの症状が悪化しないように気をつけながら行う運動療法を紹介していきます。

椎間板内圧が高まってしまう姿勢及び動作

上の写真は、日常生活でよく見られる動作です。左の写真は、中腰で荷物を床から持ち上げる動作になります。この際、腰椎の椎間板にかかる内圧は、高くなるとされています。また、右の写真にあるように椅子にもたれ掛かるようにして座るだけでも椎間板内圧は高くなるとされています。そこで、腰椎椎間板ヘルニアに対する運動療法の考え方は、少しでも椎間板への負荷が大きくならないように工夫をしながら行うことになります。以下で運動療法をご紹介します。

腰椎椎間板ヘルニアに対する運動療法

腰椎椎間板ヘルニアの痛みは、急に痛みが生じて動作が制限されてしまうことが多いので「安静にしてください。」と指導があると全く何もしなくなりがちです。たしかに急性期は痛みが強いので痛み止めを服用するなどして炎症を沈静化させて少しでも痛みを改善していくことは大事ですが、それと同時に動かせるところは少しでも動かしていくことも大切です。以下で腰椎椎間板ヘルニアの病期に応じた運動療法をご紹介させていただきます。

発症初期の痛みが強いときにはこんな運動

この時期では、椎間板への負荷が高くなる前屈動作を避けつつ他の部位を動かしていきます。そうすることで腰椎以外の部位の余計な筋肉の緊張を解くことができるので結果として腰に負担をかけずに日常生活動作ができます。

 左の写真は、ドローインと言う運動です。息を吐きながらお腹を引き込む運動です。(腹圧を高める運動です)腰椎を支持して安定化する目的があります。

左の写真は、腰椎はそのままで、胸椎を中心として脊柱を伸ばすための運動です。胸から上の動きをよくすることで、腰への負担を軽減する目的があります。

左の写真は、股関節の柔軟性を高めるために大腿四頭筋を伸ばすための運動です。太もも前面の緊張を取ることで、腰への負担を軽減する目的があります。

左の写真は、大胸筋のストレッチです。腰痛が軽減し、上向きになってなおかつストレッチポールを入れる余裕があれば行う運動です。胸の筋肉をストレッチすることで円背を改善し、腰への負担を軽減する目的で行います。

左の写真は、ハムストリングのストレッチです、股関節の柔軟性を高めるために大腿後面を伸ばすための運動です。太もも後面の緊張を取ることで、腰への負担を軽減する目的があります。注意:腰を前屈しないで、太ももの裏を伸ばします。

次のステップは後日、アップします。