腰痛分離症と有痛性分裂膝蓋骨について

スポーツ傷害の中でも、「成長期腰椎分離症」はよく見られる疾患ですが、
当院ではかねてより早期に発見し、骨融合を目的とした保存療法に取り組んでおります。

また、従来は先天性疾患であると言われていた「有痛性分裂膝蓋骨」ですが、
実際に分裂部分が骨融合した患者さんを経験したので、
当院では筋肉の牽引作用によって生じる裂離骨折の一種と捉えて、
骨融合を目的とした治療を行っています。