足趾にもグロームス腫瘍が起こります! (足趾のグロームス腫瘍)

グロームス腫瘍は、手指の爪下や、指腹部に発生するといった例は「手指のグロームス腫瘍」でご覧いただきました。

しかし、足趾の爪下や、趾腹部にもグロームス腫瘍ができる場合があります。

発生頻度は手指に比べて稀ではありますが、症状は足趾の場合でも同じです。

足趾グロームス腫瘍の特徴

 

膨隆を伴う青い変色(blue spot)

 

ピンポイントで押さえると痛い

 冷水につけると
耐えられないぐらい痛みが強くなる。

以上の症状があれば、グロームス腫瘍であると、診断できます。

中には、3つ総ての徴候が見られず、一つだけしか当てはまらない場合もあります。

足趾グロームス腫瘍の特徴的な画像所見

 腫瘍による骨浸食像

 エコー検査による腫瘍の有無の確認

 

レントゲン検査では、罹病期間が長ければ長いほど、グロームス腫瘍により、骨が圧迫を受け、形が変化します。

また、エコー検査では、矢印で示したように、腫瘍は低エコーで描出され、腫瘍の有無や大きさなどを確認するのに有用です。

以下で、実際の足趾グロームス腫瘍患者さんの症例を、ご覧いただきたいと思います。

38歳の女性です。

左第2趾末節部(爪)の痛みを訴えて来院されました。

15歳のころから第2趾の爪に触れると、痛みがあったそうです。

5年前より、痛みが徐々に強くなってきて、
うずくような痛みが出てきたとのことでした。 

そのころから、爪が割れてきたそうです。

左のレントゲンは初診時のものです。

赤い丸印で示した部分が痛みのある部位ですが、
このレントゲンだけでは異常はわかりませんでした。

左の写真は、初診時の外観です。

第2趾の爪をよく観察してみると、青色矢印で示した部分に爪の割れがあり、
赤色矢印で示した爪の付け根にblue spotと思われる影があり、
そこをピンポイントで押さえると、強い痛みを訴えておられました。 

左のレントゲンは、第2趾を側面から撮影したものです。

bulue spotのある部分を左右で比較してみたところ、
患側の赤色矢印で示した末節骨の骨浸食像が認められました。

ロームス腫瘍を疑い、エコー検査を行いました。

左のエコー画像では、水色の矢印で示した部分に
グロームス腫瘍と思われる低エコー像が確認できました。

また、赤色矢印で示した末節骨部での骨浸食像も確認できました。

以上より、足趾に生じたグロームス腫瘍と考え、摘出手術を行いました。 

左が手術時のグロームス腫瘍摘出写真です。

赤色矢印で示しているのが、グロームス腫瘍であり、
病理組織検査からも、グロームス腫瘍であるということが確認できました。

グロームス腫瘍は手指だけでなく、足趾にも起こることがあります。

また、爪下部分だけでなく、指腹(趾腹)部にも生じることもあります。

爪の変形や、指先が当たって痛い、ひつこい痛みや、原因不明の足趾の痛みなどがあれば、
お近くの整形外科へ受診されることをお勧めいたします。