腱鞘炎や腱炎は色々な部位で起こりますよ!(腱鞘炎シリーズ)

手の腱鞘炎は、さまざまな部位でおこります。

腱鞘炎が起こる場所によって、さまざまな症状が出てきます。

たとえば、腱鞘が肥厚することで痛みが出たり、腱の滑走がしにくくなってカックンといったばね現象が見られます。

また、腱鞘が肥厚することで、腱が通るトンネルが狭くなり、神経を圧迫して、手指に痺れが生じることもあります。

以下の図は、腱鞘炎が起こり、痛みやしびれが出てくる疾患をまとめた図です。

以下の図の中に書かれている疾患名をクリックしていただくと、詳しい説明が書かれたページをご覧いただけます。

A2 pulleyのばね指 ばね指 トリガーリスト 手根管症候群
上腕二頭筋長頭腱炎
ドケルバン病
腱交叉症候群
尺側手根伸筋腱炎
総趾伸筋腱炎 超母趾屈筋腱炎 後脛骨筋腱炎
アキレス腱炎 腓骨筋腱炎 腓骨筋腱滑車症候群