腱鞘炎や腱炎は色々な部位で起こりますよ!(腱鞘炎シリーズ)

手の腱鞘炎は、さまざまな部位でおこります。

腱鞘炎が起こる場所によって、さまざまな症状が出てきます。

たとえば、腱鞘が肥厚することで痛みが出たり、

腱の滑走がしにくくなってカックンといった「ばね現象」がみられます。

また、腱鞘が肥厚することで、腱が通るトンネルが狭くなり、

神経を圧迫して、手指に痺れが生じることもあります。

以下の図は、腱鞘炎が起こり、痛みやしびれが出てくる疾患をまとめた図です。

以下に書かれている疾患名をクリックしていただくと、

詳しい説明が書かれたページをご覧いただけます。

総趾伸筋腱炎(靴障害)

アキレス腱炎

・長母趾屈筋腱炎(有痛性三角骨障害)

後脛骨筋腱炎(回内扁平足)

腓骨筋腱炎(腓骨筋腱腱鞘炎)

腓骨筋腱滑車症候群(腓骨筋腱腱鞘炎)