筋・腱付着部炎と裂離骨折シリーズ

筋肉の牽引(引っ張り力、筋収縮)によって起こる病気や怪我

筋肉の牽引(引っ張り応力)によって起こる疾患に

「腱・腱付着部炎」と「裂離骨折」があります。

この2つの疾患はどちらも、筋肉の収縮が繰り返し行われることで、

炎症がおこり、痛みが出現します。

しかし、筋・腱付着部炎は骨の成長が終わり、

骨が丈夫になっている成人に多く起こり、

一方、裂離骨折は、骨が成長過程にあり、

筋肉の収縮力に負けてしまう子供に多く見られます。

このページでは、同じ部位で起こる痛みであっても、

大人と子供で病態が違ってくる筋・腱付着部炎と裂離骨折について

ご覧いただきたいと思います。

詳しい病態については、下の疾患名をクリックしてご覧ください。

大腿二頭筋付着部炎

・アキレス腱付着部炎

短腓骨筋付着部炎

シーバー病(踵骨骨端症)

イセリン病(第5中足骨粗面部骨端症)